Smile page

Read Article

学生のバイト探しの参考に 飲食店での体験談

スポンサードリンク

私が大学に入って初めてバイトしたのが中華レストランでした。

初めてのバイトは、これまで自分が本当に何も知らずに育ってきたことを
思い知らされる経験となったんです。

スポンサードリンク

安易にバイト先を決定

飲食店にしようと思ったのは
「バイトと言えばウェイトレス」という単純な発想からでした。

駅の近くの居酒屋やファミレスは広くて席数も多いから大変そうなので
駅から離れているお店を探しました。
そして、こじんまりしてるけど上品な中華レストランを発見。
テーブル数は12、ビップ席(回る大テーブル)が1つ。
人手不足だったのですぐに採用されました。

中華料理ならまかないも中華(^^♪
本格的なレストランだから美味しそう!
初めてのバイトに浮足立っていました。
飲食店がいかに大変か知りもしないで。

自分がいかに甘ちゃんか思い知らされる

初めてのシフトは忙しくなる17時から。
この日は運悪く夕方から数席埋まっていてバタバタしていました。
新人の男の子も1人入ってました。

忙しく手いっぱいの様子の先輩が「ビール中ジョッキお願い!」
と急に私に指示しました。

ポカーンとする私。。。(・ω・)
ビールサーバーをどうやって扱うかも知らない無知な19歳。
新人の男の子はもう経験済みなようで私のポカン顔に笑いながら
代わりにやってくれました。

ビールの注ぎ方もわからない。
お酒の名前や種類も知らない。
メニューも何があるかわからない。
お店のどこに何があるかもわからない。

お客さんの注文も早くて聞き取れなかったりメモし忘れたり
先輩に聞きたいけど忙しそうで聞けなかったり・・

泣きそうになりながら1日が終わりました。
「たかが飲食店のウェイトレス」そう思っていたからです。

勉強さえできればいいと思っていた自分がとてつもなく恥ずかしくなりました。
「仕事ができなきゃ稼ぐこともできない・・」
それを痛感した1日になりました。

具体的な仕事内容

ウェイトレスと言えど、その仕事範囲は実に広いです。

●テーブルのセッティング
●注文をとる
●ドリンク&料理を運ぶ
●タイミングを計ってお水や取り皿を運ぶ
●テーブルの片付け
●会計
●前菜の盛り付け
●デザートの盛り付け
●皿洗い
●ゴミ出し
●立食の準備

まあ、色々ありました。
想像以上に覚えることが多かったです。
それに中華料理はお皿が大皿なのでいちいち重い。
それを2皿は同時に運びます。しかも激熱。

取り分けるスプーンとフォークも大きくて重いんです。
取り分け皿も大量に使うので、とにかくお皿を運びまくっていたことが印象に残っています。

服装

飲食店ではたいがい制服があります。
私が働いていたところは女性はスカートだったので毎回ストッキングをはいていたので
よく伝線して買い替えていました。(ストッキング代が勿体なかったです。。)
靴は少しヒールのあるローファーだったので1日バイトに入ったら足は疲れ切ってパンパンでした。

学校が終わって、急いでバイト先に行き制服に着替えて髪を縛るのはちょっと面倒でした。
バイト終わりに遊ぶ約束があったりすると髪に結んだあとが残るので
それが嫌だという女の子は多かったです。

仕事に慣れるまでが勝負

新人は初めは怒られたり指導されることが多いものです。
慣れるまでそんな日々が続きますよね。

先輩も早く何でもできてほしいと思ってます。
色んなことができるようになるまでは試練の日々。
バイトに行くのが億劫になる時もあります。
でもその時期さえ乗り越えれば、後は楽しさを見出せます。

先輩は慣れた手つきでドリンクを作り、会計をきちんとこなす。
新人同士でいつも慰め合い、ああなりたいねと話していました。
私は休憩時間にメニューを覚えたり少しでも自信に繋がることをしました。
仕事ができれば仕事することが楽しくなりますからね。

先輩は疲れ気味の新人のために飲み会を開いてお互いの距離を縮めようとしてくれました。
普段ちょっと怖いなと思っていた先輩でもお酒の場なら砕けた話ができ
その人の素をみることができます。
飲み会をきっかけに仲良くなれることって多いですよね。

そういう場を利用してコミュニケーションをとり
たかがバイトかもしれませんが自分にとって働きやすい人間関係を作ることは
自分のためになります。

大きな失敗

飲食店での失敗と言えばお皿を割ってしまうこと。
私も何度か経験あります。
お客さんにも申し訳ないし片付けに時間を取られるしで冷や汗をかきます(^-^;

あとは注文を間違えること。
作ってくれているシェフに申し訳ない。
後で「すいません」と言いながらまかないで食べました。

あとは「おこげ」が注文された時。
おこげの時はお客さんの目の前で「あん」をかけて
「じゅーーー」という音を楽しんでもらうんですが、冷めてたら音がしないんです。
出来上がったらすぐに運ばないといけない。
かなり忙しい時は少し時間が経ってしまうことがあり、その時は音がしない・・
最悪です。笑
店長にお叱りを受けます(;^ω^)

飲食店は経営が困難

基本的にどの飲食店も経営は困難です。
バイトの時給なんて低い方がいいに決まってます。
交通費だってできれば出したくないんです。
もう、削れるもんは削りたいんです。

飲食店で時給が割と高い(1200円以上)場合は
「仕事がめっちゃキツイ」「夜中の時間帯」「超高級店」かのいずれかです。
高時給に飛びつきたくなるかもしれませんがそれ相応に大変です。

男友達2人が高時給の居酒屋のキッチンのバイトに飛びついて3ヶ月で辞めました
キッチンは「火傷」との戦い、彼らは毎回傷だらけになってました。
メニューの作り方にはマニュアルがあってそれを一通り覚えないと話にならない。
17時から23時のバイトでも帰れるのが夜中の2時になるとか当たり前でした。

私の中華レストランは忙しさはまあ普通、仕事内容も無理は無く普通、まかない付で
810円~850円でした。
妥当な給料です。
稼げるのはいいんですが、バイトで無理し過ぎないように働けるところを選びましょう。

店長の夜逃げ

私がバイトしていた中華レストランは経営者の社長と、現場の長である店長がいました。
社長は「もっと経費や材料費を減らせ」「節約しろ」
そればかり言う人で、店長はいつも頭を悩ませていました。

店長は強面でしたが心が温かい人でした。
仕事でダメなところはハッキリ叱ってくれ指導してくれ
その後に叱る理由も説明し背中を押してくれました。
プライベートの悩みも聞いてくれました。

これは私がバイトを既に辞めていて卒業間近になってから聞いた話ですが
社長の要求に耐えられなくなり店長がある日夜逃げしたそうです。
夜逃げって・・ほんとにあるんですね(/・ω・)/

それを聞いてショックでしたが
飲食店を任されるというのはとても大変なことですよね。
飲食店って店長など責任ある人は厳しい人が多いですが
そうじゃないとやってけないからでしょうね。

さいごに

飲食店は基本、立ちっぱなしで動き回ります。
体力も使うし頭もフル回転です。

仕事は大変でしたが、私の場合は何といってもまかないが美味しかったし
先輩方と店長と仲良くやれたので続けられました(*´ω`)
(残ったマンゴープリンやゴマプリン、食べ放題でしたからね♡)

ウェイトレスは憧れだけでは現実とのギャップに苦労します。
でもサービス業の基礎を経験でき
気遣いができ、気付くことができ、状況を把握する能力が高まりますよ。

ちょっと怒られるくらい大丈夫、まかない食べれるし!そんな方は挑戦してみてください(*^^*)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*