Smile page

Read Article

予防接種ワクチンを打たないと決めた理由 効果 副作用 ずっと抱いてきた疑問

スポンサードリンク

これはタブーなのでしょうか。

予防接種ワクチンについて
みなさんどう考えていますか。

インフルエンザが毎年流行る冬、
至る所で耳にするのは

「予防接種打ちましたか?」

「打ちました!ちゃんと2回!でもかかっちゃいました・・・」

 

娘が120人以上のマンモス園に通っていた時
「ほとんどの園児がワクチンを打ってるのに、めっちゃ流行ってる・・・」
と素人ながらに思ってました。

インフルエンザワクチンは我が子は接種していません。

インフルエンザって風邪の一種です。
風邪に劇薬ワクチン打って予防するもんなのでしょうか。

栄養学や食育を学ぶほど、
薬やワクチンのメリットが何一つわからないのです。

「免疫力」、これ以上の予防はないからです。

その証拠に我が子はワクチンを打ちませんが
インフルエンザにもかからず元気です。

私が予防接種ワクチンというものに本気で疑問を持ち始めたのは
近年の子宮頸がんワクチンで
下半身が動かなくなった10代の女の子の訴えを聞いた時です。

ワクチンは副作用がある。
それによって人生、生きがいが全て奪われることがある。
死に至ることがある。

「予防」で人が死ぬ。
これって正常ですか?
しかも国はワクチンを明確な原因として認めません。

みなさんは、なぜワクチンを打ちますか?
あの液体が何なのか、知ろうとしたことはありますか?

スポンサードリンク

ワクチンの中身

もっと早く気付けばよかった。
接種前にきちんと調べればよかった。

これまでスケジュール通り子供に予防接種を受けさせていた私は

自分の無知さ、
そもそも知ろうとしなかったこと、
疑問に思わなかったこと、
得体の知れないものを子供の体内に入れることを許したこと、

それを今、猛烈に反省しています。

「みんなしてる」
「国が推奨してる」
「効くだろう」

そんな根拠のない理由で
通知がくるままにせっせと受けに行っていました。

幸い、今のところ、子供達に体の変化はありませんが
既に猛毒が体内に入っているのは事実です。

私自身も子供の頃にぬかりなく打っているので
今後、何かしら症状が出てもおかしくありません。

ワクチンの中身とは何でしょうか。
みなさんもご存知、劇薬という注意書きがあります。

成分をみると、その劇薬っぷりがよくわかります。

●アジュバント (ペット用の去勢・不妊剤)→人が摂ると永久に妊娠できなくなる危険性あり
ホルムアルデヒド (急性毒性の発がん性物質)

ホウ酸ナトリウム (殺虫剤)
グルタミン酸ナトリウム (糖尿病、発作、神経障害を引き起こす)
アルミニウム (脳や骨に影響を及ぼし、アルツハイマー病の原因とも言われる)
ブタやウシ、その他の動物の血液や体液 (異物タンパク質)
水銀 (中枢神経・内分泌器・腎臓などの器官に障害をもたらし、特に胎児・幼児に有毒)
・・・・などなど

その他、得体が知れない添加物が100種類以上入っています。

これって、ヒトの体に入れてどうなるんでしょうか。

接種後、何が起きてもおかしくないもののオンパレードですが
よく聞かれる、
けいれん、麻痺、高熱、嘔吐・・
なるほど納得できました。

毒物が体に入れば、体は拒否反応を起こすので当然です。

2012年、日本脳炎ワクチン接種後2人の子供が亡くなっています。
(ワクチン名と死亡例で検索すれば出てきます)

日本脳炎の患者数は年間に数人だそうです。
(数十人じゃありません、たった数人)

こんな病気の予防接種で、1年間に2人も亡くなっています。
亡くなるまでいかずとも副作用に苦しんでいる子供は沢山います。

これでも
「予防接種ワクチンはそんなもの」
で済ませられますか?

私や旦那を含め、我が子が無事なのが奇跡のように思える今日この頃です。

効果があるのか?

効果があるから劇薬の副作用くらい当たり前、
と以前の私は思っていました。

では、その効果というのはあるのでしょうか。

 

例えばインフルエンザワクチン。

ウィルスは形を変えます。
インフルエンザウィルスも型は無数にあります。

無数の型に対して
「今年はこれ!」と予想し、ワクチンを作って
それが当たる確率ってどのくらいなのでしょうか。
ゼロ以下では?

山本英彦医師はワールド・ブロガー協会第3回取材会にて

実際にインフルエンザで死亡する例は
10万人に3人程度で、多くは高齢者。

脳症が怖いと言われるが
一時的に意識がおかしくなって朦朧とすることを脳症と判断されているケースが多く
その原因はインフルエンザそのものではなく解熱剤(※)である。

(※ウィルスは熱に弱いので体が発熱してウィルスと戦っているのに
解熱剤によって熱が下げられウィルスが増え脳症となる)

アメリカでは接種率が上がっているのに
死亡率は下がってないということが証明されている。

日本でも前橋データによると
ワクチンを接種した地域と、接種してない地域で
発症率に変わりはないことが証明されている。

イギリスのコクラン共同計画(世界中の治療や薬などを評価する計画)
では、インフルエンザワクチンについて

「ワクチンの安全性に関する根拠がない」
「多くの研究は方法論的に質が悪く、交絡因子(別の原因)が多い」

と公言。

これらのことから
効果が無く安全性も無いと言える。
しかもインフルエンザは世間で騒ぐほど恐れるものではない。

と断言しています。

効果が全く証明できていないのに
ワクチンで死亡している人がいます。

おかしくないですか。
それでも打ちたいですか。

日本脳炎も年間の患者数は数人。
ポリオは35年も前に日本から消滅している。
子宮頸がんはそもそもウィルスが原因ではないことが判明している。
風疹も、数日で治る軽度の感染症。

だけど政府やマスコミは「命が危ない」と恐怖をあおります。

なぜか?
このブログでも以前から書いてますが

もうかるからです。

ワクチンて、儲かる。

そして副作用によって
自閉症、うつ、引きこもり、アトピー、喘息、アレルギー、不妊、癌・・
それらを患う人が増えると

今度は病院が儲かる。

癌患者なんて最高ですよね。
抗癌剤で数百万、すぐに儲かるからです。

抗癌剤で癌は治らない。
これは既に世界で認められている事実です。
お医者さんも自分には抗癌剤を使わないそうですから。

ワクチン?効かない。
ワクチンを製造・販売してる人はただの猛毒であることを知っています。

人々の健康・命

お上がこれを守ろうとはしてくれないことが
とてもよくわかるのが予防接種ワクチンです。

私達がどうなろうと関係ない。
大金を得ることができればそれでいいわけです。
世界人口が減って一部の人間が富を得れば万々歳なわけです。

どうしたらいい?

子を持つ親として
一度目を通して欲しい本があります。
2016_9_28_1豊受クリニック院長 高野弘之医師
母子手帳のワナ/Amazon 1,620円

こちらの本は
妊娠中から出産後、子供の成長過程で
常識と思っていたことの真相がよくわかる
冷静で穏やかな文章で女性が読みやすい一冊です。

高野先生は、自身のお子さんにワクチンを接種していません。
接種するに値しない、と判断したとのこと。

私達が具体的にどのようにすればよいかも最後の章に書いてあります。
高野先生に主治医になっていただくことも可能です。

私は実際に先生に電話をしました。

なぜかというと、
来年、娘が小学校に上がるので
入学前に小学校で健康診断があり
その問診票に予防接種について記述する欄があり
受けない旨を書こうと思っていたからです。

どう書くべきか、
電話口で簡単ではありましたがアドバイスを頂きました。

ワクチンについて少しでも疑問を持っている方は
是非相談してみることをおすすめします。

豊受クリニックHP

豊受クリニックブログ

さいごに

『みんなしてるからする』

これに疑問を持つことは
ものすごく大切だと思います。

また健康診断が終わったら
学校の先生がどう反応したのか、更新します。

現代の西洋医療を当たり前と思っている方には
ワクチンを否定する私なんて変人でしょうが

少しでも疑問を持っている方がいたら
その方に何かしら役に立てば幸いです。

それではまた。

こちらもぜひ参考に☆
ワクチンを打たないと不安な人へ ワクチンの毒物は何のため?本当に効く? 本当の強さとは

【予防とは何か】病院・薬・ワクチンで体は強くなるのか?

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 感染症が流行らないのはワクチンを接種し、かからないように未然に防げてるからではないでしょうか。
    ワクチンの定期接種がなければ日本脳炎も年間に数人ではないと思います。
    その点に関してはどう思われますか?

    • コメントありがとうございます!

      こういう議論ができること、とても嬉しいです。

      例えば日本脳炎、
      2009年に定期接種が開始され
      2012年までの3年間で
      重度の副作用が100人以上、軽度の方も含めると230人以上に及びます。

      これで未然に防いでいる、ということになるのでしょうか?

      ポリオ、
      日本では1981年に消滅しています。野生の自然界に存在するポリオはゼロです。
      現在の感染はとてもバカらしいですが、ポリオワクチンからの感染です。
      (赤ちゃんの排泄から移るなど)

      はしか、
      現在のはしかは「A型はしかウィルス」という自然界に存在しないウィルスが原因です。
      つまりこれもワクチン、人が作ったものです。

      自然界で消滅しているのに、なぜわざわざワクチンを作り続けるのか

      もし予防効果があるとして、
      それ以上の多くの副作用、死亡、が起こっている点、不可解で納得するのが困難なのですが
      どう思いますか?

  2. 無知ほど怖いものはない

    麻疹ワクチンでなく、実際にかかるといいことないよ。亜急性硬化性全脳炎 は麻疹に感染してから数年の潜伏期間の後に発病する。治療法は確立されておらず発病後は数か月から数年の経過で神経症状が進行し全大脳機能を喪失して死に至る中枢神経感染症

    なんていうつぶやきがtwitterでありましたが・・・麻疹に治療法がありません。実際、とあるDr.は麻疹の子供を診察中に失禁し、意識を失いその後子供は亡くなってしまった、だからワクチンは打っておこうとつぶやいていました。
    病気などでワクチンを打てない子にも感染させちゃいますよ。それでもいいですか?

    ワクチンに添付されている水銀を気にする親もいますが、日本人は魚を食べる文化なので、そもそも既に体内に水銀が溜まっているそうですよ。子供に魚を食べさせるのをやめますか?

    • 無知ほど怖いものはない さん☆
      コメントありがとうございます(*_ _)

      まず水銀なんですが
      妊婦さんなど、水銀を多く含む魚を避けようとしますが
      なぜワクチンはいいのでしょうか?

      ワクチンには許容量を越える水銀が普通に含まれていますが
      『ワクチンならちょっと多くても仕方ない』と考えますか?
      それによって神経系に影響があるのは明らかで
      ワクチンを打つようになってから自閉症の発症率は比例して増えています。

      そもそも多量の水銀とその他様々な添加物を含める理由が私にはわかりません。

      そして麻疹の話ですが
      どんな感染症や病気も、かかるか、かからないか、わからないですよね。
      それに対して「完全に防ぎたい!」と思うことが難しいですよね。

      例えば、通学中に交通事故にあって子供が死ぬ。
      そんな可能性だってあります。

      どんな確率で何を発症するかはわかりませんが
      それを予防するために
      子供の体に劇薬を入れるという選択肢は私は持てないのです(^-^

      様々な動物の血液、タンパク質、添加物などが混入した液体を
      口からではなく、血管に入れる
      それって正気なのかな、と。

      異物タンパクが入れば
      ショック死、免疫細胞の暴走など恐ろしことが起こり得るのは明らかです。

      どう思われますか?

      • 麻疹ワクチンについては、以下のページに詳しく記載されていますよ。添加物についても記載されています。
        http://halproject01.blogspot.jp/2016/09/blog-post_55.html?m=1

        事故に遭うかもしれないパーセンテージと、感染症にかかるかもしれないパーセンテージを同列で比較すること自体、おかしくないですか?
        麻疹は実際去年、今年と流行してますよ。

        ちなみに、ワクチンと自閉症に相関関係はありませんよ。自閉症は生来性といって生まれつきのものです。

        • 匿名さん、コメントありがとうございます。

          同列で比較しているのではなく
          わかりやすい例として書きました(^-^
          両方、確率なんてわからないものですよね。

          麻疹が流行していますね。
          ワクチンを打ったのに感染している方が多いのはなぜなのでしょうか?
          2012年のデータだと
          患った方の66%がワクチンを接種しています。
          これで効果があると言えるのでしょうか?

          自閉症の研究・治療団体『ジェネレーション・レスキュー』が
          ワクチンを接種した子とそうでない子を対象に大掛かりな調査を実施し、

          ワクチンを接種した子は
          ・自閉症146%増
          ・神経疾患185%増
          という結果。

          昔は自閉症という子供は3~4万人に1人程度だったのが
          現在アメリカでは70人に1人、日本では100人に1人と言われています。

          ワクチンに含まれる水銀はWHOの既定の数十倍も含まれています。
          紹介して頂いたお医者さんのページで
          「水銀量が減らされてきている」とありますが
          実際にどの程度減ったのかわかりますでしょうか?

          水銀、ホルマリン、グルタミン酸ナトリウム、、
          全て脳に溜まり、精神的な害をもたらす恐れがありますが
          これでも全て生まれつき、で片付くのか疑問です。

    • 匿名さん

      コメントありがとうございます。
      つまり匿名さんはどう思われるのでしょうか?

  3. たまたまこちらにたどり着きました。
    8月に出産予定のものです。

    私も子供に予防接種を受けさせない予定です。
    迷いもあります…。
    受ける‥選択より、
    受けない…選択の方が何百倍もハードルが高い茨の道ですから。。。

    記載内容は私が調べている内容とほぼ同意見でした。
    情報交換等仲良くしていただけると幸いです(o^^o)

    • ゆきさん☆

      出産前に色々調べているなんて
      頭が下がります(*_ _)

      私は無知で産んでしまい(´∪`;)

      そうですね、私の周りにも受けない人なんていません。
      でも迷ってる人は少なからず増えてる気がします。

      とりあえず
      子宮頸がん・インフルは論外だと思ってます。

      他のワクチンも日本はまだ任意なので
      あれこれかわし文句を考えながら拒否していこうと思います。

      私もゆきさんがいて心強いです。
      よかったらメールでも何でも下さい(*^-^*)
      [email protected]

      コメント欄でも全然構わないです!

      情報交換、こちらこそ宜しくお願い致します(_ _)

  4. 始めまして。
    4歳女、生後五ヶ月女の娘がいます(^_^*)
    4歳の子にはまだあまり知識がなくて医師の言われるまま
    四種混合、ヒブ、肺炎球菌を接種してしまいとても後悔していて
    生後五ヶ月の子には受けさせるつもりはありません。
    それで先日乳児健診に行ったところヒブ、肺炎球菌を打たれそうになり、
    打つつもりはありませんとはっきり言ったところ
    医師がすごい勢いで怒ってきて大変でした。約20分間説教です。
    医師の言ってることはほとんど間違ったこと理論的にありえない事ばっかりで反論しましたが、聴く耳を持たずモヤモヤが募り
    私ももう少し勉強してしっかり自分の口からも意見が言えるようにならなくてはと思い調べていたところこちらのブログにたどり着きました。
    自分の意見をしっかり述べられていて本当に尊敬できます。
    乳児健診などはどうなさっているのかよろしければお聞かせください。
    よろしくお願い致します^_^

    • ももみさん☆

      コメントありがとうございます(*^^*)

      私も勉強したのが遅く、
      2人目が2歳まで打っておりました。

      その後、上の子も3歳から全く打っておらず
      学校にも「医師と相談した上で現在控えています」と言ってます。

      ワクチンについて全国で講演をしている
      やまびこ小児科クリニック(http://yamabiko.dr-clinic.jp/)
      の横地医院長という方がおり、

      講座を受けると
      ワクチンについてきちんと勉強し、判断しています
      という証明になる『ワクチンの方針の証書』
      を頂けます。

      この先生はとても中立的で、自分の意思を尊重することを大事に思ってる方です。

      HPから講演のスケジュールが確認できますので
      もし近くで開催されたら、参加を検討してみて下さい。

      私も受けたいです!笑

      同じママとして、こちらこそ何か情報がありましたら
      いつでも連絡して頂けたらと思います(*_ _)

      お忙しい中、コメント、本当に感謝致します☆

  5. お忙しい中、お返事ありがとうございます(^_^*)

    早速調べてみたところ全国でやられているみたいで
    つい最近私の近くの地域でもやられていました!
    行く気満々です^ ^!!!
    本当に参考になりました!ありがとうございます^_^
    医師に言われる場面に出くわしても証書があればそれを見せて
    しっかり断れそうなのでとっても心強いですね^_^

    これからこちらのブログ読まさせて頂きます^_^
    またコメントさせて下さい^_^

    • 近くでやっていたんですね!!
      またやる可能性大ですね(∩´∀`)∩♡

      いいなぁ(*^-^*)こちらは田舎すぎて開催されたことなく・・
      チャンスを待ちたいと思います(*^-^*)!

      こちらこそ、ありがとうございます☆
      暑いですが、ご無理のないよう過ごして下さい。

Leave a Reply

*